MENU

目のむくみを解消する簡単な方法!

毎朝起きたら顔がむくんでいる…そんな状況がつづいたら、鏡で自分の顔を見るのもイヤになってしまいますよね。
顔のむくみに悩まされないようにするためには、むくみがそもそもどうしてできるのか、その成り立ちから知っていくことも大切です。原因がわかれば、おのずとその対処法も導かれていきます。

 

むくみは漢字で書くと、「浮腫」と表しますが、この漢字のとおり、水分がたまり血管の流れが滞り、特定の箇所が膨らんでしまうことをいいます。顔のむくみは朝に起こりやすく、足のむくみは夜に起こりやすい傾向があります。これは重力が関係しているためです。
活動している日中は立ったり座ったりしていることが多く、重力で上から下へと次第に水分が移動していくため、夜になるにつれて足に水分がたまりやすく、むくみができやすくなっているのです。

 

対して夜間、寝ている間は身体が横になっているため、足へ溜まった水分や老廃物が再び顔のほうへ流れていき、顔のむくみをふたたびもたらします。
要するに、顔のむくみが夕方にかけて引いていっても、代わりに足のほうへむくみは移動しているはずで、何の解決もなされていないのです。そしてまた翌朝には水分が顔へと戻っていく…きちんと対処しないと、延々とそのむくみの移動が繰り返されるだけなのです。

 

また、顔全体ではなく、まぶたが腫れてしまった、ということもありますよね?
その原因は睡眠不足だったり飲みすぎだったり、なんらかの不摂生が原因であることが多いですがそんなときにおすすめの症状の改善方法は以下のようなものがあります。

 

コットンを利用したアイパックで改善!

 

寝不足や飲みすぎでまぶたが腫れるのは、血行が悪くなっていることが原因です。こういったときには、朝起きたあとのアイパックが効果的です。コットンには冷えた化粧水を使うと、より効果が得られやすいですよ。
用意するのは、裂けるコットンと化粧水だけ。

 

まずはコットンがひたひたになるくらい化粧水をたっぷりと浸透させます。そしてそのコットンを軽く絞って、コットンを裂いて目を覆うくらいのサイズに整えて、まぶたの上に乗せます。そのまま10分から15分くらい待ちます。その後は乳液を軽く顔全体にマッサージをかけながら浸透させると、むくみの解消が期待できるでしょう。それでも腫れが引かない場合、コットンの上から保冷材を載せるとさらに冷やされるので、効果がより出やすくなりますよ。

 

それでも腫れが引かない…そんなときは、温かい状態と冷たい状態を繰り返す、温冷療法をトライしてみましょう!
やり方は簡単。まずは濡らして軽く絞ったタオルを30秒から1分ほどレンジに掛けて、蒸しタオルを作ります。そしてその蒸しタオルを火傷しないように気をつけて、目の上にかぶせます。3分ほどそのまま待ち、次に冷たいコットンパックか保冷材をくるんだタオルをまぶたにあてて、5分そのままでいます。これを2、3回繰り返すことで、頑固なまぶたの腫れも改善できるでしょう!

するっと小町でむくみ解消

顔のむくみはどうして起こる!?その原因と対処法とは


顔のむくみはどうして起こる!?その原因と対処法とは