MENU

セルライトをなくすために、毎日マッサージを続ける習慣をつけよう!

多くの女性が悩んでいる足のむくみ。このむくみとは、老廃物や水分が足を含む下半身に滞ってしまったために起こるものです。そもそも足のふくらはぎの筋肉のはたらきによって、静脈やリンパ管を通して老廃物を上半身に押し上げるものなのですが、この筋肉が衰えてしまうと押し上げるポンプ作用が衰え、むくみを生じさせる原因となってしまうのです。

 

悪化してしまう前に、毎日足のむくみの状態を確認して、その状態に応じてケアを行っていくようにしましょう。ただ毎日といっても、ついつい忘れてしまいがちなのが人間というもの。毎日つづけるということが苦手だと思っているならば、簡単な解消法を気になったときに行っていくようにしても良いでしょう。

 

足のむくみを解消するための大事なポイントは、身体を冷やさないこと、老廃物を溜め込まないこと、の2点

このうち身体を冷やさないようにするというのは、身体が冷えてしまうと血流のスムーズな流れを阻害してしまい、血液などの循環を阻んでしまい、足のむくみにもつながっていくためです。

 

冷えるのはなにも冬場に限った話ではなく、夏場のエアコンの冷風にも要注意です。一般的なエアコンの冷風は空間の下部へと溜まっていくため、むくみを気にする女性はひざかけや靴下などでの冷風が直接下半身に当たらないようにする工夫が必要です。

 

冬はさらに厳重に、靴下も集めのものを着用し、ストールやストッキングも併用して、より気をつける必要があります。

 

そして老廃物を溜め込まないというもうひとつのポイントについても同様に、血液やリンパ液の受難を阻まないような生活習慣をつけることが大事なのです。たとえば同じ姿勢のまま長時間過ごすのは特に気をつけたい点で、たとえ座ったままの状態がつづいても、足先やふくらはぎをマッサージしたり動かしたりという意識を持つようにしましょう。

 

そしてむくみを気をつけなければいけないというのは、むくみを放っておくとセルライトを引き起こしてしまうから、という理由もあります。
セルライト=脂肪の塊、というようなイメージをもたれている人もおられるようですが、セルライトはやせている人にも発生するものです。セルライトの構成要素は脂肪であるのに違いはないのですが、セルライトが発生する原因とは脂肪細胞の肥大化やむくみにより、リンパ管や毛細血管が圧迫されるために起こるものです。つまり肥満によってのみ引き起こされる問題ではない、ということです。

 

むくみを引き起こすのはリンパ管や毛細血管の圧迫が原因であり、水分や老廃物が溜まっている、という意味にもなります。このとき老廃物などだけでなく、酸素や栄養素の運搬をも妨げ、結果、代謝を阻んでしまうのです。この代謝がうまくいかないと、脂肪細胞の燃焼も上手く行かなくなり、老廃物や水分などが脂肪細胞にこびりつき、やがてコラーゲンもこの脂肪細胞にさらに絡みつき、より厄介なセルライトとなってしまうのです。

 

このように脂肪細胞や老廃物、余分な水分などによって生成されていくセルライトの症状を改善するためには、大元の原因である血行不良の改善から始める必要があります。

 

血流の改善のためには、セルライト部分をマッサージするのがとても効果的

まず前段階としてお風呂で身体を温めて、血行をあらかじめ良い状態にしたうえでマッサージをするとより効果が出やすいでしょう。一日10分程度、3ヶ月間つづけると、効果がはっきりと出てくるはずです。

 

マッサージをするうえでのポイントは、あまり力をこめずに、やさしく丁寧に行うことです。指を肌の上で滑らせ、セルライトを上からつぶすようなイメージで行うのがコツです。こうすることで、徐々にセルライトを脂肪細胞から分離させていく効果が期待できるのです。

 

より具体的なイメージでいえば、皮下細胞をつまみあげるようなイメージで行っていくようにすると、良いでしょう。

 

足首からひざ裏まで、徐々に上に向かって押し上げるように地道にマッサージしていきます。これはリンパの流れにあわせた動きです。血流やリンパの流れを促すようにマッサージすることで、スムーズな働きを回復させることができるのですね。

 

毎日の習慣として、このマッサージを続けていくと、やがて血管のはたらきも改善されて、セルライトも解消していくことでしょう。

するっと小町でむくみ解消

足のむくみの解消にはセルライトケアが大事!


足のむくみの解消にはセルライトケアが大事!